車中泊もOK!最北端の猿払村の道の駅。さるふつ公園。

シェアする

みなさんこんにちは。
いつも、北海道道の駅.comをご覧いただき
ありがとうございます。

今回は稚内から南下すること70キロ、
何も無い大平原の中、突如と現れる猿払村の道の駅のご紹介。
そよ風がとても気持ち良い、
道中も北海道を堪能出来ますので一度行ってみて欲しいですね。

猿払と検索すると、猿払事件と出てしまうくらい、
北海道人以外は馴染みの無い地域かもしれませんが、
とってもおすすめ出来る地域なんですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

道の駅 さるふつ公園

今回、皆さんにお伝えする猿払村は
主に農業と漁業の村で、特産品は帆立。
帆立の干貝柱はもちろん、帆立カレー、ほたて飯、
帆立の耳の燻製など様々。

猿払村はふるさと寄附金でも人気の村
※猿払村のHPです
です。
また、ここは日本最北端の村です。
猿払村にある道の駅さるふつ公園の
情報をお届けします。

猿払 道の駅

おすすめポイント

さるふつ公園は、
普通車112台、大型車28台も停められる程
広いのです。ですので、

車中泊が可能

この道の駅さるふつ公園は、
国道238号線沿いにあり、雄大なオホーツク海に面した立地。
さるふつ公園キャンプ場がある為、
車中泊をしてもOKな道の駅でもあります。

稚内から、知床方面までは350㌔あり
車では6時間以上かかります。
ですので稚内から知床に向かうというプランを立てる場合、
もし、稚内市もしくは宗谷岬にいて、
既に日が暮れている場合、次の日の移動を少しでも軽減する為に、
道の駅さるふつ公園で車中泊しておくといいでしょう。

また宗谷岬から稚内市街まで戻るのも
数十キロあるので戻るとなると時間と距離のロスが
かなりになりますし、
稚内市にはそれ程多くの宿泊施設がある訳ではありません。
ですから、猿払村まで行ったしまった方がいいのです。

ちなみに、

さるふつ公園までは、稚内市内から70キロ弱ですので、
次の日の移動距離が多少軽減されますので、
稚内市内からスタートするよりは1時間以上早く、
知床に到着することが出来ますよ。

また逆に、
知床方面から北上して来た場合は
稚内で休むのもいいのですが、
猿払村で一息ついて、

朝一でサロベツ原野、宗谷岬、宗谷丘陵など、
道北の大自然をゆっくり楽しんでみるのも
おすすめですよ。

猿払 宗谷丘陵 

北海道稚内市宗谷岬328

また、さるふつ公園キャンプ場では、
テント、バンガロー(要予約)があるので、
予約しておいてゆっくり休むのも次の日の
長距離運転を考えるといいのではないでしょうか。

ちなみにキャンプ場利用料が大人400円、小人200円。
バンガロー(1棟で4人まで利用可)が一泊5000円です。

駐車場は無料。

また、猿払温泉も併設されていますので、
少し一風呂浴びてスッキリしたいという場合も、
おすすめ。大規模温泉施設というよりも、
大浴場というイメージが強いですね。
料金は350円。(定休日第一月曜)

おすすめグルメ

当然の事ながら、
帆立です。この道の駅に立ち寄って帆立を食べなかったら
何しに来たの?というレベルです。

道の駅に併設されているレストラン、
夢喰間(ゆめくうかん)さんの
ゴロゴロと大粒の帆立が入った帆立カレーも
おすすめしたいところですが、

日本ファイターズ主催のなまらうまいっしょグランプリ2013で優勝した
ホタテめし600円が絶品です。
(4日間開催で総合得票数で争われる:1日目だけ2位という完全優勝まで一歩届かず残念!)

ほたてのダシが非常にきいた、醤油味の炊き込みおこわ。
大きなホタテがまるまると入っていて、
冷めていてももっちりしていて食べやすい。
ホタテの貝殻に盛られて出て来るのがいいですね。

男性ですとホタテ飯だけでおなかいっぱいになることは
無いですね。ですので、
それと同時に、
毛ガニが入っている鉄砲汁と一緒に食べると
腹八分目くらいにはなるでしょう。

食後のデザート

そして食後のデザートは
コケモモソフトクリーム。コケモモの花は
猿払の村花。

ですからこけももソフトクリームは正真正銘の
ご当地グルメでしょう。
とはいっても使っているのは、
こけももの花ではなくて実。
この実をシロップに漬け込み、

それを混ぜ込んだ
薄ピンク色が可愛らしいソフトクリームなんです。

ほんのり酸味がきいた甘酸っぱいソフトクリームで
口に含んだ後は、少し花の香りも口の中に広がります。
そして飲み込んだ後は、ミルクの風味もあとからやってくるんです。
人によってはイチゴミルクのような味という人がいますね。

価格は300円です。

こけももソフト

まとめ

車中泊も出来、キャンプも可能、場合によっては
バンガローでゆったりお休みも出来る。
そして温泉もあって、
外は雄大な北海道の自然が広がる道の駅さるふつ公園。

グルメはもちろん、文句無しでしょう。
このロケーションで食べるというのもまた、
思い出に残るのではないでしょうか。

ついつい通過してしまいがちな、
道の駅さるふつ公園ですが、

ちょっと、立ち止まってゆったりしてみては
いかがでしょうか?
車の中から見る事が出来る景色とはまた一段と違って
見えてくるはずですよ。

施設名 道の駅 さるふつ公園
住所 猿払村浜鬼志別214-7

北海道猿払村浜鬼志別214-7
電話 06135-2-2311
定休日 年末年始
営業 管理棟8:30~17:30
夢喰間10:00~18:00(11~3月休業)
ホテルレストラン11:00~14:00、17:00~20:00
駐車場 有り:乗用車112台、大型車28台

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です